【呪術廻戦】最新202話で判明した星漿体の1000年の因果がヤバイ..。【※ネタバレ考察注意】

閉じてスタート ×

呪術廻戦×約束のネバーランドの考察を主にUPしている考察系YouTuberです!
面白い作品をさらに面白く、狭く深く追求して伏線や今後の展開をみんなで一緒に楽しんでいます!

(※最新話のネタバレも含まれますのでジャンプ派ではない方はご注意を)

■5/15よりNew Open!
公式ショップ「96official」はこちら

芥見先生の爆弾発言

最新202話 考察

死滅回游 完全網羅

最新201話 考察

【素敵なイラストを描いてくださった絵師様】
玲成さん

#呪術廻戦 #呪術廻戦考察 #呪術本誌
#wj48 #週刊少年ジャンプ #呪術廻戦202 #呪術202
#jujutsukaisen #jujutsukaisen202 #考察

ジャンプ作品好きの方々 一緒に盛り上がりましょう!

■メインチャンネル
「クロ/考察美容師」

■2ndチャンネル
「クロ/考察美容師 2nd」

■ゲーム実況チャンネル
「クロ Games」

■美容師チャンネル
「クロ/メガネ美容師」

詳しくは下記のSNSをチェックして下さい←

■Twitter

■Instagram

■TikTok

お仕事のご依頼、ご連絡はコチラまでお願いします。
96pon0515@gmail.com

コメント

  1. 大切なのはどこにいるかじゃなく、五人でいること(心の中) より:

    わーお!!!

  2. ウシ より:

    クロさんの動画を観る度に喋る親指、不穏な動き見せ始めるんじゃないか?って気持ちが出てきます…
    そして、同時に六眼持ちの五条先生が人身御供みたいに犠牲になるんじゃないか?と嫌な予感も…

    星將体ってそもそも何なんだ?って考え始めています。九十九さん、やっぱり親指のこと恨んでる感じですよね?

  3. 孫ごっくん より:

    九十九は500年もしくは1000年前の天元との同化予定だった。
    しかし選択をし、同化を拒否した。
    だから夏油にも「君がこれから選択するだよ」と言っていたんだと思う。

    九十九由基長いこと生きてそうだな。

  4. 諒りょうじゃない より:

    本命が九十九さんだったけど、身代わりで同化した人が居たとか?

  5. より:

    九十九は元星將体ってわかったけど
    特級として知られる術式のヒント何1つ出てないんよな…
    脹相戦の後に天元の目の前まで迫った時に明かされるのかな

  6. jfk より:

    今回みたいな思慮深いキャラ同士が語り合う話好きなんだよな

  7. YORI -531 より:

    九十九は百いる中の九十九番目的な?
    ほかにもたくさんの候補者はいてそう

  8. ハムすけ より:

    今私は無量空処くらってます。
    漏瑚さんの気持ちめっちゃわかる〜
    わかるのにわからない
    で、結局羂索は何がしたいん?
    面倒くさい前頭葉よな

  9. タクリミノス より:

    デジモンの例分からんw
    芥見先生はちょっと上の世代やな

  10. タクリミノス より:

    九十九さんの式神、効果音からパキキちゃんって言われてるけど、過去編で夏油が甚爾と戦う時に口裂け女と虹龍出す時もパキキっていってるから、単純に芥見先生はそういう効果音好きなんだろうな

  11. 爪切って手で取ろうとすると皮膚まで持ってかれる奴 より:

    九十九由基 呪霊説

  12. レックス より:

    神話とかでよくあるけど、生贄に捧げられるのは無垢な少女なんだよね。九十九は”無垢”か”少女”の条件を満たさなくなったから”元”星漿体になった説はありそう

  13. 蟻蚊(ありか) より:

    、、、(゚д゚)<大蛇丸かえ!?

  14. TT より:

    難しく単純にしかわからないので、いつもわかりやすく解説してくれてありがたいです。

  15. 遥香奏多 より:

    九十九は過去の星將体の双子とかで過去の星將体に特別な思い入れがあるとか?ですかね

  16. 8 beat より:

    私の星漿体に関する考察は、
    ①星漿体は常に一定の確率で産まれ続け、天元の更新時期に合致しかつ、星漿体としての素質が高い者が高専関係者に「星漿体」と伝えられ、同化する。
    ②星漿体同士は互いに強く共鳴しあった存在であり、シンパシーを感じて声が聞こえたり、同化出来たりする。ただし、星漿体としての素質が高くなければ出来ない。
    ③星漿体は、「星漿体であること」以外は一般人と変わらないので、一般人と同じ確率で術式持ちが産まれる。
    ④天元も星漿体である。星漿体としての素質の高さの順は、天元>九十九≧天内 
    と考えています。

    その理由は、
    ・星漿体には「素質」があり、ある程度素質が高くないと天元は同化しないこと。
    ・九十九が「私は含めるなよ」と言っている。つまり、相当星漿体の素質があるということ。
    ・九十九は12年前、天内理子以外に星漿体がいるか知らなかったこと。(天元は知っていた)

    このことから、九十九はかなり素質が高い星漿体であったが、同時に極めて呪術師としての能力が高かったため、幼少期に(生贄としての)星漿体の任から解放された。(=元星漿体という表現)
    と考えれば矛盾がない。

    また天元は、「私の中の彼らの声は聞こえるはずがない。同化した時点で彼らは私だから」と言っているが、これは「同化前の星漿体の声なら聞こえる」という解釈もできる。
    そもそも星漿体が産まれたのを天元が察知するというのも摩訶不思議な話。
    だが、天元も同じく星漿体であり、同化するまでは声が聞こえると考えれば、星漿体誕生を知ることができるのも説明がつく。

    天元は未知の生物でもなんでもなく、不死の術式を持った術師であり人間。
    そんな大昔に産まれた特定の人間と融合できる人間が、定期的に産まれるというのが意味不明。
    それなら「星漿体同士は同化できる(普通はメリットがないけど)」という性質があり、天元が理性を保つために、これを利用していると考えるのが自然です。

  17. 汐見琴音【しがないオタク】 より:

    最近過去編からの回収が凄まじい…
    呪術師殺し甚爾君の強さの回収、星しょう体の深堀。あとは九十九由基の術式とか生い立ちとか分かれば良いですね。そろそろ知りたい、忘れがちだけどこの人も特級術師、かなり強いはず。

  18. 孫悟空 より:

    星漿体として九十九由基とか天内莉子とかの女の子が選ばれてるからそりゃジジイよりババアなのは納得

  19. KKK M より:

    6:30 セイショウタイの声聞こえるから九十九さんうん百歳の理屈がよくわからんかった
    今現在の天元から声聞こえててそれ聴いてるってことじゃないの?

  20. 通りすがりA より:

    『声』が聞こえるのは九十九由基の術式の一部なのかな、と思います。
    理由としては渋谷事変最後で羂索が乗っ取っている夏油傑本人に対して声をかけていたからです。
    結局、夏油傑からの返答はありませんでしたが、『死者(魂)に対して何かしら干渉できる術式』を持っていたなら『声が聞こえる』という特殊能力のようなものが発現してても可笑しくないのかな、と。
    まぁ、九十九由基の術式いまだ解らないので何とも言えませんが。

    そういえば、今天元の元に、『天元』『(元)星漿体』『(獄門疆在住)六眼』が揃ってるんですよね。
    元がついていたり獄門疆に封印されていたりするので通常の同化時とは状況が異なってはいますが、一応同化用のピースは天元の手の内にある。
    通常時の同化がどのような形で行われているのかは作中描かれていないので不明ですが、天元と面会して「おっしゃ、星漿体きたね、即合体!」(言い方)とはいかないと思うので、数日間は慣らしの作業があると思うんです。
    例えば、その慣らしの作業が「天元のいる空間で同じものを飲み食いする」(黄泉戸喫)とかだとしたら…。
    もし、羂索襲撃と同時に慣らしがされた九十九由基とぬるっと同化したら、羂索の計画がご破算にならないかなとかちょっと思ってしまいました。

    九十九由基、星漿体から逃れたいから呪術磨いて特級にまで上り詰めたのかもしれないとも思いました。
    それから、そこに呪術廻上層部の邪な考えもあったのかな、とか。
    幾ら星漿体候補だとしても、呪術界的には呪霊祓える人間は必要だし、呪術使える星漿体より使えない星漿体のが都合は良さそうだし…。

    そういえば、羂索は『肉体の乗っ取り』、天元は『同化』で、言葉は違えどやってることほぼ同じなんですよね。
    此処二人、親子かなんかなんですかね…。

    こわやこわや。
    長文失礼しました。

  21. gojappe_Y より:

    なんとなくだけど、羂索が天元を取り込む寸前で九十九自身が星しょう体として身をなげうって同化してしまい、天元を羂索の取り込みから救うのか?とか考えてます。あるいは津美紀が実は新たな星漿体とか?

  22. ニャウシ・カァ より:

    九十九由基、出産されてるんじゃ??もしくは、処女ではないとか…
    それで元になったとか…
    500歳にしては、形を留め過ぎにも思えます。

  23. がおとてんぐ より:

    九十九さんあつあつのお湯?お茶?をゴキュゴキュ飲んでてすごいなと思いました。術式?な訳ないかぁ。

  24. うっちゃん より:

    過去の同化した星漿体の人数描写が2人であることを鑑みるに、天元は平安以前である1500年前から存在することになりそうですね

  25. RAM より:

    天元と由基の関係めっちゃ好き

  26. 英詠歌 より:

    天元様が、理子ちゃんが死んじゃった時に他の人と同化するのをやめて、結界術があるからどうにかなるかも、って云い出したっていうのは、私も自分勝手だなって思ったし、同時に天元様も全知全能の神なんかじゃなくて人間なんだなって思った。
    九十九さんは多分ずっと、理子ちゃんの事を悔やんでて、だからこんなに強い口調で天元様に云ったんだと思う。
    ひとつの理念の為に奔走する九十九さん、かっこいいなって思いました。
    これで、同化した人と、羂索に殺された人が少しでも報われたら良いなって思います。
    P.S. 脹相お兄ちゃんに天元様『親指』って云われてたのウケました笑

  27. ひゅうがちなつ より:

    天元様と星漿体の同化は500年に一度。普通の人間なら数十代は代替わりした頃に行われるものなのに、その儀式についての情報が廃れておらずちゃんと継承されている事、星漿体をお世話する為の一族(黒井家)が存在する事などから、星漿体は同化が必要ではない時代でも常に存在していたのかもしれないと考察します。
    だから、九十九さんは天内理子の前のいわば先代星漿体という事なのかもしれません。

    九十九さんが特級になったのも、元星漿体だからなんでしょうね……