必中必殺!?鹿紫雲の最強領域がヤバすぎた…【呪術廻戦】※ネタバレ注意

閉じてスタート ×

#考察 #呪術廻戦 #鹿紫雲一

呪力操作のみで秤と互角に渡り合った鹿紫雲一
電気の性質を持つ鹿紫雲の術式は必中必殺の最強領域だった…!?

【漫画•アニメ考察】クマダラビでは漫画・アニメの考察、解説をやっています。

ぜひチャンネル登録&高評価をお願いします!ついでにベルマークも押して通知をオンにしてくださると嬉しいです⭐

↓チャンネル登録はこちらから↓

☆東京リベンジャーズの考察はこちらから
【東京リベンジャーズ考察】クマダラビ
(クマが喋ってる★)
漫画-アニメ考察-クマダラビ

動画内使用素材
Voiced by CoeFont様/
BGM by 甘茶の音楽工房様/
    OtoLogic様/

引用:芥見下々/集英社/呪術廻戦
※動画内で使用している画像は全て上記作品からの引用になります。

コメント

  1. OOO NEKO より:

    このピカチュウかっこよすぎてほんま好き

  2. おーさん より:

    鹿紫雲の術式が電気と全く関係ないものだったら逆に面白いかも

  3. 三上修一 より:

    秤の欠損が当たり前に雑絵過ぎて全く痛そうとも可哀想とも思えないのは何故だろうか

  4. ひたちLimited Express より:

    領域展開と反転術式に関しては逆じゃないですかね。術式が一発それっきりなら、術式を確実に当てるために領域展開も会得しておくのが普通ですよね。対秤で領域を展開しなかったのは、秤の領域が押し合いに強い、領域展開を使う時も一発限りのため普段は彌虚葛籠で対応している、などの理由が考えられます。それから反転術式に関しては使えるならとっくに対秤戦で使ってるはずです。

  5. 紫電 より:

    宿儺にしか使う気はないと言うものの、秤に負ける(本人的には負け=死)状況でなお使おうとしなかったから
    縛りで自分より格上と認める相手にしか使わないとかなのかな?