【呪術廻戦 最新188話】●●は死亡しません。領域展開が使えない理由と散りばめられた伏線【徹底考察】

閉じてスタート ×

今回は呪術廻戦 188話の本編について簡単に解説し、その後個人的に気になった部分や考察を話していきます。ネタバレ含みますのでコミックス派の方はご注意くださいませ。

🔽こちらもおすすめ。
【呪術廻戦】結末は「虎杖悠仁以外」全員死亡します。1話のあのセリフが伏線となり最終話で回収されるかもしれません【考察 伏線】

コメント

  1. ナナミン より:

    また、沢山考察動画アップしてください!

  2. 0820田代楓麻 より:

    帰ってきて嬉しいー---

  3. はいぼーる より:

    鹿紫雲ってもしかしたら術式持ってないのかも
    いやこつづらは術式なくても使えるっぽいし、187で無敵状態の秤に勝つために本気で行くみたいな感じだったのに術式使う気配ないし。
    特殊な呪力と戦闘スキルだけで強者になったって感じだったらあつい

  4. ももんが より:

    呪霊は反転術式で治してるんじゃなくて呪力で治してるんだよ

  5. 八神海斗 より:

    久しぶりやん

  6. アイアンマン より:

    邪魔が入るか、なにか他の理由で決着つかなそう

  7. 天津炒飯 より:

    なんか滑舌が悪くなってる…??

  8. コンチュウ より:

    殴り合いの結果
    鹿紫雲は目立った傷もなく秤は顔面をはがされた

    普通に格闘戦負けてますね…

  9. shuta より:

    呪霊は反転術式しなくていいですよ〜
    身体が呪力でできているので、そのまま呪力で治せます

  10. ケイゴ【呪術廻戦考察YouTuber】 より:

    【訂正】
    視聴者の方からのコメントにあるように「呪霊は反転術式で治している訳ではなく呪力で治してる」ので漏瑚の首の部分は誤りでした。