映画プロデューサーが語る TVドラマ「ミステリと言う勿れ」第7話・・・炎の天使編完結

閉じてスタート ×

#ミステリと言う勿れ #菅田将暉 #岡山天音

0:00 導入
0:22 ネタバレなし感想①
1:28 お詫びと訂正
2:07 ネタバレなし感想②
3:57 ネタバレあり感想①
11:49 スタッフT評
12:08 ネタバレあり感想②

シネマサロン情報★Twitter

数々のヒット作を世に送りこんできた現役映画プロデューサー・酒匂暢彦が、新作旧作を問わず映画及び映画業界の表側裏側を語る映画チャンネルです。
映画をただ鑑賞するだけでなく、監督の制作意図や演出方法、俳優の演技などのクリエイティブ面へ興味関心のある人に対する情報をお届けします。

ナビゲーター:酒匂暢彦<株式会社CHANCE iN 代表取締役>
1984年、日本ビクター株式会社(JVC)入社。1997年、株式会社クロックワークスを設立し、同社代表取締役に就任。 同社で数多くの映画を配給し、02年『少林サッカー』では28億円の興収を記録、09年『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』では興収40億円の成績を上げる。2010年、株式会社 チャンス イン を設立。他の主な配給作品は『CUBE』(98)『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)『マッハ!』(04)『スーパーサイズ・ミー』(04)『THE JUON/呪怨』(05)『運命じゃない人』(05)『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』(07)『ヒトラーの贋札』(08)『アフタースクール』(08)『チェイサー』(09)『ファッションが教えてくれること』(09)近年のプロデュース作品は、『窮鼠はチーズの夢をみる』(20)

<ゲスト:映画宣伝プロデューサー竹内 伸治>
石油会社を経て、1988年4月に株式会社シネマテン入社、同年9月株式会社アスミックに出向、翌89年6月同社に正式入社。当初はレンタルビデオ用の本編映像制作、宣伝材料制作などを担当。16mm文化映画の制作担当、レンタルビデオ営業なども追加され、アスミックの劇場配給進出に伴い、配給宣伝、配給営業、字幕制作、宣伝材料制作、買付などをすべて同時期に担当していたこともある。
16mm映画製作窓口としては大澤豊監督作『さようならカバくん』(89)などを担当。宣伝プロデューサーとして、『ツルモク独身寮』(91/今関あきよし)、『ボブ・ロバーツ』(92/ティム・ロビンス)、『キリング・ゾーイ』(94/ロジャー・エイヴァリー)、『ユージュアル・サスペクツ』(95/ブライアン・シンガー)、『ファーゴ』(96/ジョエル・コーエン)、『八日目』(96/ジャコ・ヴァン・ドルマル)、『日蔭のふたり』(96/マイケル・ウィンターボトム)、『スクリーム』(96/ウェス・クレイヴン)、『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(96/ウディ・アレン)、『スリング・ブレイド』(96/ビリー・ボブ・ソーントン)などを担当。
98年4月に株式会社アスミックとエース ピクチャーズ株式会社が合併、アスミック・エース エンタテインメント株式会社となる。映画宣伝グループ グループリーダー、宣伝部長、取締役宣伝部長、執行役員宣伝担当、常務執行役員映画宣伝グループ/映画製作グループ/大阪営業所担当などを歴任、09年12月31日付で同社を退社。最後の役職はエグゼクティブプロデューサー。
アスミック・エースでの宣伝プロデュース作品に『ビッグ・リボウスキ』(98/ジョエル・コーエン)、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)、『雨あがる』(99/小泉堯史)、『ショコラ』(00/ラッセ・ハルストレム)、『ターン』(00/平山秀幸)などがあり、最後の宣伝プロデュース作品は外国映画『めぐりあう時間たち』(02/スティーヴン・ダルドリー)、日本映画『ジョゼと虎と魚たち』(03/犬童一心)。宣伝監修、宣伝統括としては、『阿弥陀堂だより』(02/小泉堯史)、『ホテル ビーナス』(04/タカハタ秀太)、『間宮兄弟』(06/森田芳光)、『アーサーとミニモイの不思議な国』(07/リュック・ベッソン)、『ソウ』シリーズ(04-11)などを担当。04年からはドリームワークス作品配給に従事、05年から日本公開が始まり、『シャーク・テイル』(04/ビボ・バージェロン、ヴィッキー・ジェンスン、ロブ・レターマン)、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(05/ブラッド・シルヴァーストーン)、『マダガスカル』(05/エリック・ダーネル、トム・マクグラス)、『ミュンヘン』(06/スティーヴン・スピルバーグ)、『森のリトル・ギャング』(06/ティム・ジョンスン、ケアリィ・カークパトリック)などの統括を手掛ける。08年にはプロデューサーとして、森田芳光監督作品『わたし出すわ』を初めて担当、翌09年に完成し公開した。
アスミック・エース退社後の10年、11年はフリーで、アスミック・エース配給『ソウ ザ・ファイナル3D』(11/ケヴィン・グルタート)、セテラ・インターナショナル配給『あしたのパスタはアルデンテ』(11/フェルザン・オズペテク)の宣伝監修を担当。
11年10月1日付で、株式会社スターサンズ執行役員映画事業担当に就任。ヴェルナー・ヘルツォーク監督作『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』(10)、パオロ・ソレンティーノ監督作『きっと ここが帰る場所』(11)、ヤン・ヨンヒ監督作『かぞくのくに』(12)の宣伝プロデュースを担当し、翌12年同社を退社。13年1月劇場公開した、パオロ&・ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟監督作『塀の中のジュリアス・シーザー』をフリーランスの宣伝プロデューサーとして担当した。
また、04年にはペンネームで夕刊フジの映画コラム「スクリーンの裏側から愛をこめて」を4月から9月までの半年間に亘って連載、映画コメンテーターとしてBSフジ「映画大王」(00-01)、TX「ミューズの晩餐」(10-11)などに出演している。

コメント

  1. rei より:

    原作既読ですが、お二人の感想や考察等聞くのが凄く楽しみです。
    原作ファンがドラマの評価を下げる発言ばかりしてて悲しくなってます。
    あたしは原作にしかない楽しみと、ドラマでしかない楽しみ両方楽しんでるので。
    カットされた部分も結構あるけど、動きが少なくて座ったままとか、その場で話す事が多い作品なんで、ドラマでこれ以上整くんに話させてもダレたりしそうなんですよね。
    脚本がクソだとか書かれてて、もう意味がわからなくて。
    アレをこんな風に見せる(魅せる)んだ…とかいつも感動してるんで。
    ドラマ面白いから漫画読もうって人が増えて『え?あの時こんな事も言ってたの?漫画ヤバい』って思って貰えたら嬉しいなと思います。

    ライカさんの名前の由来を話されてた所とか、幽霊か?そうじゃないかとか話されてた所とかニヤニヤして聞いてます。

    プロの人が褒めてくれるミステリが、とても誇らしです。
    田村先生の過去作で、短編や読切は特にミステリーやサスペンスが凄くて、事件物や、問題提起物、本当に頭がよくて、歴史に詳しくないと描けない未来の話とか、ホント…とにかくあたしの中では鳥山明先生か田村由美先生かって位頭覗きたい作家さんです。

    長くすみません。
    次回も、楽しみにしてます!

  2. ブルースカイ より:

    伊藤沙莉さん、安定感のある女優さんになりましたね。そりゃスタッフが恋愛設定したいのも分かるし、違和感は全然ありません。ステキなシーンになっていました。

    “子役出身は大成しない”ってのは過去のことになりました。2005年の遊川ドラマ『女王の教室』(遊川さんも長く活躍されているな)は沙莉さんのほか、志田未来さん、福田麻由子さん、松川尚瑠輝さんらを輩出した偉大なドラマです。

    “タクシードライバー”は、まだタクシードライバーかどうかも分かっていないので、今日くらいに見に行きますw

  3. ya ya より:

    まあまあ、笑
    原作ファンが怒ってるのは
    風呂光さんが整君の言葉に救われて、メキメキと刑事として成長してる事を描かずに
    恋にオロオロする可愛い女性扱いしてる事だと思います

    整君が折角男社会でも女性として頑張れる方向を示してくれた筈なのに

    女性には主人公に恋愛する役割を与えておけばいい、という女性の扱いを軽んじているところに残念な気持ちになってるんだと思います

    あのドラマを見て、風呂光さんに可愛いと思ったとしても
    風呂光さんすごい!とは思わないですよねー

    原作に無い展開だから
    というより
    風呂光さんの仕事の出来ない女の子扱いに、皆さん悔しい思いをしてるんですよ多分┐(´ー`)┌愛です愛

  4. aa aa より:

    既刊は10巻ですが2~3巻に描かれてるエピソードがすっ飛ばされてるので、もしかしたらそれを映画か特別版でやるのかもしれないですね☺️あと青砥さんの事件もだし、ドラマ化してないエピソードのストック4つくらいあります。原作でもまだ我路くんは逃亡してるし、星座の謎は明かされてないしドラマの最終回どうするのかなと思ってみてます!

  5. ozawamame1 より:

    ラグドールなら見知らぬ人に抱かれていてもおっとりしてると思う。そういう猫タレントいるはずだけど。